割と毒舌・辛辣。


by turtle1980

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ:新潟・長岡2011冬( 5 )

新潟・長岡旅記録・最終回~忘れちゃいけないB級グルメを堪能~

時計の針を巻き戻すのもいい加減にして(僕自身の記憶もヤバイし・・・)、今回で最後にしようと思う半年前の旅記録。最後は現地で食したB級グルメをずらっと羅列して・・・
a0025257_20243722.jpg
a0025257_20251053.jpg

まずは新潟県内を中心に展開するチェーン店「みかづき」のイタリアン。ソース焼きそばにミートソースをかけた割と高カロリーっぽいB級グルメ。ミートソースをかけたものが定番らしいけれど、他にもカレーをかけた「カレーイタリアン」、ホワイトソースをかけた「ホワイトイタリアン」・・・他にも季節限定でいろいろあるらしいです。「和風イタリアン」とか、日本なのかイタリアなのかよく分からない。だけどここでしか食べられないので、新潟に来る機会があったときは必ず食べるよう虎視眈々とチャンスを狙っています・・・。

今回も食べました。
今回、新潟に来たのは二度目なのですが、初回はオーソドックスにミートソースがけのイタリアンを食べたので、今回は別メニュー・・・ホワイトイタリアンに挑戦。んー、ホワイトソースがま・ろ・や・かー。よろし、よろし、美味にございますわー。ごちそうさまでした☆

そして、長岡方面から寺泊にも行きました。
海沿いのレトロな木造住宅を眺めながら・・・
a0025257_20461931.jpg
a0025257_20463568.jpg

余談ですが、松本清張著「ゼロの焦点」・・・この作品の舞台は金沢ですが、ヒロインが歩いた日本海側の街並というのはこういう光景だったんじゃないのかなー、などとぼんやり思いました。

断崖の上に立つと、寒い風が正面から吹きつけて禎子の顔を叩いた。髪が乱れたが、彼女はそのままにして海と向かいあっていた。
その辺は岩と枯れた草地で、海は遥か下の方で怒涛を鳴らしていた。雲は垂れさがり、灰青色の海は白い波頭を一めんに立ててうねっていた。陽のあるところだけ、鈍い光が溜まっていた。
なぜここに自分が立っているか、禎子には合理的な説明ができない。とにかく、海が鳴っているという断崖の上に立ってみたかったのだ。北陸の暗鬱な雲とくろい海とは、前から持っていた彼女の憧憬であった。
松本清張「ゼロの焦点」より


憧憬―・・・
僕にとっても、こういった日本海側の街並、光景にはある種の憧れがありました。うまく言葉には出来ないけれど、両親が釜石生まれで、子どもの頃から太平洋側の海を見てきた僕にとっては、たとえば、太陽が海に沈む光景が見られる・・・それだけで、日本海というのは特別で、ある種の憧れの対象でした。
a0025257_215210.jpg

上に抜粋した「ゼロの焦点」を髣髴とさせるように、吹きすさぶ風に大きな白波を立ててうねっていました。その向こうに、白く雪をかぶった佐渡島の山並み・・・心洗われるような神々しい光景だなーと思いながら辿りついたのは・・・

寺泊魚の市場通り、通称魚のアメ横。
a0025257_21121569.jpg

a0025257_21141170.jpg
a0025257_21142955.jpg

ズワイガニー、イカー、赤魚ー、エビー、タコー・・・エトセトラ、エトセトラ。
ぎゃっ、ぎゃっ、ぎゃー。魚介類好きの聖地です・・・
先程見てきた「日本海への憧憬」とやらは何処へか消え去り、心に残ったのは食欲のみ・・・。所詮こんなものでした、私、turtle1980。
a0025257_212064.jpg

タコー!かぶりついちゃった。(心の中で)
a0025257_21223471.jpg

梅宮辰夫人形にも出会いました(意外とでかい)。
辰夫:「食欲丸出しは見苦しいんじゃないか、え?」
すみません、品性下劣で・・・。



「新潟・長岡旅記録」、実際に旅行したのは2月半ば、その1ヵ月後には東日本大震災が起こり・・・本当に、新潟で遊び呆けているときには想像だにしなかった状況にあるこの頃ですが・・・とりあえず「あの時は楽しかった」的な過去へのタイムスリップ旅記録にピリオドを打ちたいと思います。

最後は新潟市内、萬代橋上の夜景でシメ☆
a0025257_21341357.jpg


☆☆☆
追伸:この旅行中に愛車サニ子が走行距離170,000キロの大台を突破!
a0025257_21363152.jpg

なんか誕生日を迎えた気分だね、サニ子!ハッピーバースディ!
で、ここが至極肝心なことなんだけど、まだまだ走れるよね・・・?
サニ子:「・・・イエッサー・・・」
a0025257_21391384.jpg

まだ走らせます。走ってもらいます。引退、不可。

・・・・・・
よければ一票お願いします。新潟、“東北風景”ぢゃないけど。
にほんブログ村 写真ブログ 東北風景写真へ
にほんブログ村
[PR]
by turtle1980 | 2011-07-05 21:40 | 新潟・長岡2011冬

新潟・長岡旅記録~白山公園散策、そして市内へ

a0025257_1846580.jpg

a0025257_18475741.jpg

・・・まだ続いてたのかと言われるでしょうが、時計の針を巻き戻して(以下略)

先日紹介しました新潟市内・雑貨店+レトロで有名という古町通のそばにある白山公園(はくさんこうえん)にも行ってみました。(※余談ですが、古町通の雑貨屋の店員さんと雑談中、「しろやまこうえん」と言ったら、一瞬怪訝な顔をされ、「・・・あぁ、はくさんこうえんのことですね」。一つ勉強になったわー)

冒頭の画像2枚は公園内、白山神社。この蒸し暑い、節電の季節にとてつもなく季節外れですが・・・写真の通り、舞い踊る雪。当時、歩きながら手帳に感じたことをメモしていたのですが、白山神社に関しては「寒い」の一言しか書かれていません・・・お前は小学生か。でもこういう旅先でささっと書いたメモって、後から読み返すと、けっこう面白いんですよね。人間の記憶はどんどん薄れていくけれど、まさにその時に感じたことが残ってる、このリアル。完全自己満足だけどね。

で、白山公園内。
a0025257_1934188.jpg
a0025257_1944023.jpg

季節が冬だったせいか、池の水がミドリミドリしてます・・・。季節が季節なら、公家の気分で「ホホホ」と園内散策を楽しみたいところですが、このときは・・・すんません、無理!!!寒い!!!でも多分この初夏の季節、晴天であればきっと緑がきれいだろうなー。

寒さに耐えながら修験者のごとく園内を歩いていて見つけたもの、2つ。
①楠本正隆像
a0025257_19232940.jpg

・・・木々の間に人影が・・・と思い近づいてみたら、彼がいました。楠本正隆、明治5年(1872年)の新潟県令でこの白山公園の創設者だそうです。
a0025257_19285011.jpg

なんだか親近感を感じる・・・ような気がする・・・と思ったら、ウチの父親の若い頃に似てるような、似てないような。一時の気の迷いか、そんな考えがふと頭をよぎったらもうダメ、この像のことを「にいがたのおとうさん」と呼ぼうと思います。・・・新潟市民にふざけんな、身の程を知れ、と怒られそう、だ。

②忠犬タマ公
a0025257_19535488.jpg

二度にわたり雪崩に巻き込まれた飼主・刈田吉太郎さんを助け出したという美談の持ち主。僕の半生よりも人の役に立ってそうだ。

そして新潟市内・・・
a0025257_200813.jpg

信濃川と萬代橋。
「新潟市」と聞くとこの風景を思い出すのです・・・個人的に。なんでだろう。
a0025257_2064175.jpg

a0025257_2072175.jpg


冬の曇天の空の下、寒さに堪えながら市内散策。
a0025257_20205615.jpg

華やかなおじさんに出会いました。
a0025257_20101211.jpg

ちょっと離れると、その華やかさが分かる。宝塚バリのきらびやかさ。
a0025257_20111663.jpg

パチンコ屋さんの前にいたのですが、いえ、いらっしゃったのですが、越後屋玉三郎さんという方だそうです。1843年(天保14年)生まれ、江戸、横浜、シンガポールを経てイギリスにわたり、天才勝負師として成功した天才ギャンブラー、それだけでなく晩年には貧者の救済も行って“聖者玉三郎”“ギャンブルの神様”と呼ばれ尊敬された・・・そうです。道理でパチンコ屋にいらっしゃったのですね。頭でも撫でて差し上げたらご利益があるかしらん。それともほっぺたにちゅうでもしてあげた方が・・・いや、もう変態発言だ、これ。
全然関係ないけど、僕の高校時代の担任もエチゴヤ先生という名前でした。玉三郎さんとは全然違って、時代劇の悪代官みたいな先生でした。元気かな、先生。

魚市場のような一角にも出くわしました。
a0025257_20232642.jpg

ここで見つけた気になる一品。
a0025257_20241772.jpg

・・・おや?これは一体・・・
近づいてみましょう。
a0025257_202553.jpg

これ、商品じゃないんですよ。ボイラーの室外機の通気口みたいなところに干からびた魚類が、一応、構図らしきものを考慮したように。・・・何これ?新手のオブジェ?前衛的芸術品?謎は解けず、さらば友よ、この地を去る。

信濃川を船が過ぎ去っていく。
a0025257_20293120.jpg

本日のラストは、ちょっとキレイ目にシメてみる。
a0025257_20311071.jpg



・・・・・・
よければ一票お願いします。新潟、“東北風景”ぢゃないけど。
にほんブログ村 写真ブログ 東北風景写真へ
にほんブログ村
[PR]
by turtle1980 | 2011-07-04 20:32 | 新潟・長岡2011冬

新潟・長岡旅記録~新潟市内・上古町を歩いてみた~

どもです。
3月11日を境に世間的にも、個人的にも周囲を取り巻く状況が大きく変わってしまい、まさに「時代の境目」「日本の分岐点」、そして「人生の分岐路」に立っているかのような毎日。地震、津波、原発事故、そして上記3つに並列するのは申し訳ないのですが、個人的には失業・・・

・・・まさかこんな状況になるとは思っていない能天気極まりない状態だった2月中旬、真冬の新潟に遊びに行ったんですよ、これまた今となっては過去のものとなった高速道路ETC割引・休日1000円を利用して。当時ETCをつけたばかり、「これから愛車サニー(サニ子)に跨って1000円で旅行しまくんぜー」と勢いづいていたあの頃。まさかあの新潟・長岡旅行が最初で最後の1000円旅行になるとは思ってなかった。

この旅の記録、旅行に行った直後に勢いで2回ほどブログに書きましたが、すんません、もうちょっと書いておきたいことがあるのです。時計の針を2月に巻き戻して、真冬の新潟へ行ってみましょう!レッツ!
a0025257_23402047.jpg

↑JRで行ったわけではないけど、新潟駅。旅行先で必ずチェックしたいのがJRの駅。やはり旅人の出発点であり終着点である、ような気がするのです。そんなわけでホテルも駅前で予約☆

るるぶでの事前調査の結果、「これは見逃せない!」と狙いを定めていたのが「上古町」。
るるぶ曰く、「500m続く沿道に100店舗ほどの個性的な店が軒を連ねている」とのこと。しかも沿道の脇道には昔ながらのレトロな街並みが残っているらしい・・・。ありゃー、雑貨・レトロ好きにはたまらないっすな・・・ここに行かなかったら、何のために新潟に行ったのかわからんぜよ、くらいの意気込みで襲撃。
a0025257_23493328.jpg

メインストリート、古町通。・・・想像していたよりも、普通だ。もっとレトロな街並かと思ってた・・・木造家屋が立ち並んでるとか、はたまた蔵造り風の建造物で溢れているとか。ちょっと拍子抜け。それよりも何よりも、人っこ一人いねぇっすよ・・・時間帯?はたまた単純に寒いから?心に不安がムクムクと・・・

したのも束の間。
a0025257_23531953.jpg

a0025257_2354066.jpg
a0025257_23542395.jpg
a0025257_23545561.jpg

うおっほ!メインストリートに交差する小路はレトロな木造の長屋造り。いいなー!
上の写真、4枚目の床屋さんが写っている一枚、父親に「子どもの頃、近所にこんな感じの店があった・・・懐かしいなぁ」と言われた。なんか、嬉しい。

メインストリートの古町通沿いにはるるぶの情報どおり個性的な雑貨屋さんがたくさん。
a0025257_01999.jpg

a0025257_013942.jpg
a0025257_02119.jpg
a0025257_023518.jpg

レトロな街並と現代アートが交錯した不思議な空間。
デジカメ片手に写真を撮りつつ、気になった店に入りつつ・・・その中で買い物したのが「hickory 03 travelers」(ひっこりーすりーとらべらーず)さん(下写真)。店員さんもフレンドリーで「仙台から来た」と言うと新潟や長岡の情報をいろいろ教えてくれました。親切!自分へのお土産に三角だるまの置物を購入☆只今机の上でころりんこと鎮座しています。かわええす。
a0025257_092530.jpg

僕はるるぶで事前情報を集めてから行ったけど、現地にはこういった形で観光客向けの情報チラシ置き場があり、古町通の地図も手に入るので安心。こういう心遣いが嬉しい。
a0025257_0122744.jpg

新潟の人は親切だなー。心はほくほく。でも2月の寒さはさすがにコタえた。顔、ジンジン。僕も一応東北人の端くれなんだけど、同じ冬の寒さでも太平洋側と日本海側の寒さは違う・・・分かっちゃいたけど、改めて実感。そんな中、古町通沿道、とある店先で発見した。
a0025257_0152195.jpg

金魚。2月の寒さの中、店先(外)にて。
微動だにしていなかった。・・・やだ、君たち、頑張ってる、頑張ってるよ!おじさんも君たちくらい頑張るよ、人生に前向きにさ!イエッサー!


※参考※
■過去にこのブログで書いた新潟長岡旅記録■
①初の長岡、豪雪に乾杯(2011年3月6日)
②「あなた」を探して出雲崎(2011年3月8日)


・・・・・・
よければ一票お願いします。新潟、“東北風景”ぢゃないけど。
にほんブログ村 写真ブログ 東北風景写真へ
にほんブログ村
[PR]
by turtle1980 | 2011-06-23 00:18 | 新潟・長岡2011冬

新潟・長岡旅記録~「あなた」を探して出雲崎~

a0025257_2142333.jpg

♪あなた 追って 出雲崎
悲しみの日本海~♪


と言うわけで。
豪雪の長岡から一山越え、演歌歌手ジェロの「海雪」の歌詞にも出てくる出雲崎町に足を延ばしました。・・・出雲崎って新潟だったんだ・・・北海道か青森あたりの地名だと思ってた・・・無知なり。僕もジェロと一緒に未だ見ぬ「あなた」を探してみようと思います!レッツ出会い!・・・ただ一言言うなれば。

心底、寒い。
一見晴れてるけど、吹き飛ばされそうな強風吹き荒れる大荒れの日本海。
※証拠写真※
a0025257_2110507.jpg
a0025257_21112411.jpg

とりあえず訪れた道の駅、「越後出雲崎 天領の里」。
ガイドブックによると江戸時代の街並を再現した展示体験館とのことですが、この天候のせいか、人っこ一人いねぇ状態っすよ。「あなた」探しどころじゃないっすよ。寒さに耐えながら、付近を散歩。

あ、橋がある。
a0025257_21141794.jpg

先端に行くに連れてどんどん強くなる風と寒さ。・・・嗚呼、涙出てきた。油断するとメガネ飛ばされるよ、コレ・・・強風で海にメガネを飛ばされたなんつったら末代までの笑い者になりそうです。強風&メガネという最悪の組み合わせに気をつけながらヨロヨロ橋の先端へ。
a0025257_21163927.jpg

ありゃー、この橋は恋人たちの愛のメッカでしたか。
この暴風の中、必要以上の孤独感が胸に去来。別の意味で涙出てきた。ただ・・・
a0025257_21214525.jpg

少々情緒不安定な落書きが散見されるのがやや気になりますが。
a0025257_21262859.jpg
a0025257_21264635.jpg

「永遠の愛ってあるのかなぁ・・・」
a0025257_21275121.jpg
a0025257_2128422.jpg

「人偏に“夢”と書いて“儚い”という文字になるからのう・・・」

・・・僕もまだ見ぬ「あなた」を探している、夢の途中なんですけど。三十路越えだけど。
でもあまりの寒さ、人っ子一人いないことをいいことに、こんな格好で独り徘徊する男に「あなた」は見つかるとは思えないな・・・とこの人に教えてあげたい。パーカーを目深にかぶり、口元は何故かマフラーを巻きつけ・・・なんだこりゃ、単なる不審者じゃん。写真を見て愕然。良い子はこういう人に声をかけられてもついていってはいけません。
a0025257_2135675.jpg

っつか、ピースサインじゃねっつの。

で、話は冒頭に戻って、ジェロの「海雪」。
歌詞をよく読んでみたら・・・

♪ねえ 愛されても ああ 叶わぬ中
ねえ いっそ この私 殺してください♪


・・・報われない愛を歌った歌だったのね、ジェロの「海雪」。
出雲崎に来たことに舞い上がって「あなた」を探したけど、駄目じゃん。
殺すか殺されるか、はたまた岸壁から日本海へダイブするか。愛って、こんな血を見るようなものでしたでしょうか、「海雪」作詞秋元康、作曲宇崎竜堂。三十路独身男のワタクシ、「あなた」を探す自信がなくなってきました・・・。
a0025257_21264635.jpg

「ぷぷぷ、やっぱりねー」
・・・黙れ小坊主。

でもね、長岡から出雲崎に向かう途中に見た雪原。
a0025257_2153028.jpg

雲間から降り注ぐ日の光を反射して、目に入る全てがキラキラと輝く光景。
恥ずかしい表現かも知れないけど、もしも“天国”というものがあるとしたら、それは、こういう光景なんじゃないかと、素直に、そう思った。
・・・・・・
よければ一票お願いします。“東北風景”ぢゃないけど。
にほんブログ村 写真ブログ 東北風景写真へ
にほんブログ村
[PR]
by turtle1980 | 2011-03-08 21:59 | 新潟・長岡2011冬

新潟・長岡旅記録~初の長岡、豪雪に乾杯~

a0025257_14555433.jpg

去る2月11日~13日の二泊三日、三連休とETC割引1000円を利用して新潟・長岡へ行ってきました。日々の仕事と生活と大河ドラマ「江」に気をとられているうちに気付くと一ヶ月近く経っていますが。
・・・日本有数の豪雪地帯・長岡。
この一ヶ月の間におそらく雪もだいぶ解けて、状況はだいぶ変わっていると思いますが・・・それを承知で「豪雪」をネタにブログ更新。ある意味時事ネタを一ヶ月遅れで更新するワタクシ、恥を知りなさい。

っちゅうわけで、宿にチェックインした後、長岡駅前までふらっと行ってみました。
a0025257_1535022.jpg

花火が有名な長岡。駅内でもドドーンと一発。
単色でシンプルにまとまったデザインがカッコイイ、です。
a0025257_157429.jpg

「フハハハハハハ・・・」
と、高笑いが聞こえてきそうな、江戸時代の禅僧・良寛さん。
こうして駅内に像として建てられ、近隣には記念館まである偉人なのに、無知なturtle1980さんにはどんな偉業を成した方なのか分からなかった、最後まで、そして現在も。説明文を読んでもガイドブックを読んでも頭に浮かぶは「?」マーク・・・一度死んできていいですか?
a0025257_15152199.jpg

a0025257_15195799.jpg

駅前のアーケード街。イルミネーションで彩られて一見キレイ・・・だけど。
(よく見るとクリスマスチックなのがツッコミどころでしょうか)
a0025257_15174826.jpg

うおっと!雪!豪雪!
そしてさらに降り続ける、それどころか次第に強まっていく雪。白銀の世界を背景にしたイルミネーションはきれいだけど、それは豪雪をキレイなものに見せかけるまやかしの一種だと思いました・・・その証拠に僕の靴の中はグッショグッショ、歩くたびにキュッキュと音が鳴り、寒さで爪先の感覚がない・・・。そうだよね、周りを歩いてる人の足元を見ると普通にスニーカー的靴を履いているのはワタクシくらいですもの。
a0025257_1529545.jpg

像A:「チッ・・・イルミネーションの魔術にはひっかからなかったようだねェェェ!」
ドラクエ風に言えばマヌーサを得意とするモンスターの一種でしょうか。
a0025257_15323380.jpg

像B:「もう宿に帰れ!」
像C:「そうよ、お前のような服装の者が来るところじゃない!」
・・・はい、帰ります。もう暗くなってきたし、しもやけになりそうだし。
像B:「ちなみにお前の泊まる宿はあちらの方角だぞ」
・・・いや、違うと思う・・・。
像C:「吹雪の中、道に迷わせてやろうかと思ったけどひっかからなかったようだねェェェ!」

などという策略があったかどうかは定かではありませんが、駅前のアーケード街には上のような像がたくさん。著名な作家さんのものでしょうか?ただそれも雪ですべてが埋もれていて不明。もしかしたら雪山の中に生き埋めになっている像もあった、かも知れない、嗚呼。

a0025257_1544090.jpg

この雪の中、傘もなく、軽装で、挙句の果てに靴はスニーカーで歩いているみすぼらしい若者は僕くらいなものでした。やっとのこと宿にたどり着いた僕を待っていたのは・・・
a0025257_15463847.jpg

ガスファンヒーター(愛称リン子ちゃん。リンナイ製だから。)
このリン子ちゃんが今夜の僕を慰めてくれる One Night Loverです。
・・・・・・こんな馬鹿なことを考えて独りクククと笑いながら、長岡の夜は更けていきます。

新潟・長岡旅記録、続きます。
ちなみに延々と県内各地の天気予報を流しているチャンネル発見。
で、僕が今いる長岡は・・・
a0025257_15514284.jpg

えぇっ!?気温線が直線よぉっっ!

・・・・・・
よければ一票お願いします。長岡、“東北風景”ぢゃないけど。
にほんブログ村 写真ブログ 東北風景写真へ
にほんブログ村
[PR]
by turtle1980 | 2011-03-06 15:54 | 新潟・長岡2011冬

つぶやき

カテゴリ

全体
日常
東北風景・自然の生き物
ジャンク写真庫(仮)

映画・ドラマ

音楽
政治・経済・社会
2011.3.11東日本大震災
自己紹介
★ケータイ★
●旅行記●
ローマ 2003.2.15~17
フィレンツェ 2003
ヴェネツィア 2003
ミラノ 2003
パリ 2003
ソウル 2008
名古屋2009
五所川原立佞武多2010
新潟・長岡2011冬
未分類


★「写真素材PIXTA」様内にて、様々な媒体でご利用いただける写真素材の販売を始めました。
2010.8.31

人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村 写真ブログ 東北風景写真へ

★ブログランキング参加しました。ぽちっとお願いします♪

★連絡先
turtle1980@excite.co.jp

以前の記事

2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 05月
2012年 03月
more...

フォロー中のブログ

日本の行く末
今日のお楽しみ
みえない 
エゾロック参加準備記'17
山崎絵日和 黎明編
掬ってみれば無数の刹那
マイ・ファニー・タクシー...
快適な毎日を ㈱ヨシダイ...
not found
好古
週間山崎絵日和
Precious*恋するカメラ
糸巻きパレットガーデン
ふみや☆事件簿 沈黙の要塞
オルガニスト愛のイタリア...
万年筆でサラサラ落書き

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

旅行・お出かけ
自然・生物

画像一覧